Oラインの自己処理は危険

Oラインの自己処理は危ないので絶対にやめて!

海外セレブなら普通に処理しているということで、VIOラインの脱毛が人気となっていますよね。

 

このうち、Oラインというのはどこの部位を指しているのかというと、これは肛門の周辺のムダ毛のことを言います。

 

肛門の周辺にムダ毛が生えているなんて、考えただけでもショックですね。

 

そこで、この部分のムダ毛を気にして処理しようとする方がいますが、自己処理をするのは非常に危険な部位なので、絶対にやめておきましょう。

 

まず、Oラインは後ろ姿で目視しにくく、手が届きにくい部分にあります。

 

そのため、カミソリなどで処理をすると肌を傷つけてしまうリスクが高いですね。

 

傷が付くと、下着などで蒸れやすく衛生面を保ちにくい部分ですので、症状が悪化して大変な状態になる可能性もあります。

 

また、毛抜きなどでの処理をしても、毛穴を傷つけて炎症を起こすリスクが高いので、これも避けた方が良いですね。

 

Oラインは雑菌が侵入しやすいため、他の部位ならどうということは無い自己処理の失敗であっても、症状が悪化しやすいのです。

 

確かにこの部分は、脱毛サロンで施術を受けるのには抵抗を感じる方が多いでしょう。

 

恥ずかしいという気持ちが先に立ってしまいますよね。

 

ですが、もし自己処理で傷つけてしまい、炎症を起こしたり化膿してしまった場合には、医療機関を受診して診せなければならないことになります。

 

自己処理で失敗して人に見られるほうが、よほど恥ずかしい事態になりますよね。

 

しかも治療費など、余分に費用がかかってしまうわけですから、それなら最初から、脱毛サロンでプロによる施術を受けておいた方がお得ですね。

 

Oラインという部分は、お肌がとてもデリケートです。

 

なんとか自己処理が成功できたとしても、その後のアフターケアがきちんとできていなかった場合などにも、トラブルに発展するリスクがあります。

 

これらの様々なリスクを考慮すれば、やはりプロの手に任せて処理をするのがベストであると言えるでしょう。

 

脱毛サロンを利用すれば根こそぎ処理でき、完了後にはOラインのムダ毛で悩まされることも無くなるので、利用する価値は十分にあると言えますね。