美白の習慣

美白になれる習慣って?

透き通るような白い肌の持ち主は、ただそれだけでとても魅力的に見えますよね。

 

では、どうすれば憧れの美白肌を手に入れることができるのでしょうか?

 

もちろん入念なスキンケアも大切ですが、本当の美しさというのは、体の内側からの働きかけ、根本的な部分からのケアが重要になるのです。

 

例えば食生活。

 

トマトやキウイ、レモン、ハトムギ茶など、美白効果が期待できると言われるものを積極的に摂取しましょう。

 

また、極端なダイエットなどで栄養が偏ると代謝が悪くなり、肌のターンオーバーが低下して、美白には逆効果です。

 

バランスよく、きちんと食べる習慣を身につけましょう。

 

それから睡眠も大切です。

 

人が日中受けたダメージの多くは、寝ている間に修復されています。

 

これは紫外線によるダメージも同じです。

 

そのため、しっかりと睡眠時間を確保することや、睡眠の質を向上させることは、美白のために重要な習慣の1つなのです。

 

これらの内側からのケアをしっかり行ったうえで、お肌の表面からのケアも習慣づけていきましょう。

 

まずは紫外線を徹底予防することが重要です。

 

その日のお出かけ時間や紫外線の強さなどを考慮しながら、必要なSPFやPAを判断し、UVクリームを使い分けまそう。

 

それから、塗布量が少なくなると無意味なので、ムラなくたっぷり塗布していきます。

 

2〜3時間おきにこまめに塗りなおすことも大切ですね。

 

また、1日の終わりにはきちんとクレンジング、洗顔で汚れを落とすことが大切です。

 

お肌に残ったメイク汚れや皮脂汚れは、酸化して黒ずみになります。

 

さらに、肌全体にくすみを発生させる原因にもなりますので、きちんと汚れを落としましょう。

 

ただし、力を入れてゴシゴシこすると、かえって肌に傷がつき、状態が悪化する恐れがあります。

 

優しく丁寧に、力を入れずに落とすことが大切ですね。

 

さらに、徹底保湿を行うことで肌が持つ本来の力を引き出していきましょう。

 

そうすることでターンオーバーが促進され、透明感のある美肌を維持することができるのです。